出張パックを利用

2016年11月16日 4:05 PM

旅行が目的で格安航空券を購入している場合、旅行会社が販売しているパッケージツアーを利用している人も少なくないでしょう。
ですが、出張パックに関しては、ビジネス目的で航空券を購入する人しか利用していないかもしれません。
出張パックも、航空券とホテルの宿泊費がセットになって、実は非常にお得なのです。
では、出張パックについてもう少し、詳しく説明したいと思います。

出張パックとは

出張パックとは、旅行会社ではなく、航空会社が自社便とホテルをセットになった商品を販売しています。
航空券は包括団体割引運賃が使用されているので、非常に格安で購入する事が可能です。
出張パックのメリットは、予約期限が出発日の前日から7日前という点です。
直前に航空会社で航空券を購入すると、早期割引サービスの適用外になってしまうため、かなり航空券が高くなってしまいます。
ですが、出張パックなら7日前までに予約すればOKで、しかもホテルの在庫も豊富です。
通常であれば、7日前だとすでにホテルの予約は満室の可能性が高いのです。
ですが、ホテルに直接予約をしたら満室だと断られた場合でも、ホテルは航空会社用に部屋を確保しているため、
出張パックの利用者であれば、予約が可能で、しかもホテル代も割安となります。

また航空会社がホテルの部屋をいくつか確保しているために、変更が可能です。
例えば人数を1人部屋から2人部屋に変える事が出来たり、宿泊日数を増やす事が可能です。
他にも豪華な特典がついてくるので、大変お得に宿泊する事ができます。

ですが、出張パックにはデメリットもあります。
まず格安航空券は、便の変更が出来ない、搭乗者の名前が変更出来ない、往路が同一航空会社ではないと利用出来ないなどの
いくつかの制約があります。

あと飛行機に空席があっても、出張パックはホテル宿泊とセットになったプランなので、ホテルが満室であれば予約が出来ません。
この場合の満室とは、航空会社がホテルに確保している部屋が満室という意味です。
ホテルは別のところに宿泊するから、航空券だけでも販売して欲しい、そう希望したとしても、購入する事が出来ないのです。

ちょっと融通が効かない一面もありますが、制約に支障がない場合は、航空券を購入する場合に、出張パックも利用してみてはいかがでしょうか?

≪ 前の記事:
Copyright(C)2016 航空券を安く購入できるタイミングとは?格安航空券で国内旅行に行こう! All Rights Reserved.